アパート経営で満室御礼を目指そう

アパート経営をするにあたり、アパート経営をされる方は、そこに住んでくれる住人の皆さまにとって、大家さんとなるわけです。
住人の皆さまから、家賃をいただくだけでいいというわけにはいきません。
住人の皆さまの声にも耳を傾け、住人の皆さまが安心して気持よく住めるように努める義務もあります。

アパート経営は、設備のトラブルなどにも迅速に対応することによって、住人の皆さまからの信頼を得られ、永く住んでもらえることにもつながり、安定した家賃収入が見込めます。
住人の苦情の対応だったり、修繕したり、確定申告などを自分でする場合など、アパート経営は面倒くさいと感じる場面も出てくるかもしれません。

しかし、アパート経営は、楽しんでやったもん勝ちです。
空き室などのリフォームをする際には、まるで自分の部屋をきれいにするようなイメージでワクワクしますし、購入したアパートに名前もつけられます。
例えば駐輪場の限られたスペースでトラブルのないように置き方を提案するなど、大家さんとして住人のために良いと思うアイデアを提案しながら、住人の意見も聞いて、そういうことからもコミュニケーションが取れるようになります。

目指すのは、住人が永く借りてくれる住みよいアパート、住人同士トラブルのない住みよいアパートです。
空きがでてもすぐ入居者が決まり、常に満室のアパートだと、アパート経営冥利につきます。