アパート経営のリスクと向きあおう

アパート経営をしていると、入居者の退去、空き室がでてしまうなどは避けられません。
築年数が経てば経つほど経年劣化してくるので、状況に見合った家賃にしなくてはならなかったり、修繕などの設備投資にも費用がかかってきます。
家賃収入に対して支出のほうが多かったり、入居者が少ないなどといったことから家賃収入が少ないという事態になることもあるかと思います。

これからアパート経営を始めようと考えている方にとっても、こういったリスクが少なからずあるということを念頭に置いてリスク管理をしておくと、いざというときの対応が早くなりますので失敗も少なくなります。
必ずしも家賃は下げなくてはいけないというわけでもないので、どのような物件だと需要が高いのかということをいくつか書きますので、物件を購入する際の参考としていただければと思います。

やはり、若者から高齢者の方まで、駅が近い、バス停が近いなどの交通の便が良いこと、買い物や病院などの利便性が良いことを求めています。
女性の一人暮らしや高齢者の方は、安心できる防犯性の高さを重視する方も少なくありません。

間取り的なことでは、お風呂とトイレが別になっていることや、フローリングであること、収納力があることなどです。
アパート経営が楽しいものになりますよう、きちんと管理していきましょう。